スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある掲示板にて

あるメールマガジンを購読していて、その企画として発行元のサイトに掲示板が用意されている。そこでは月に2度テーマが出され、購読者達がそれに沿って書き込み思索を重ねている。
深い議論が真面目に交わされているので、書き込むのも恐れ多いのだけれど、いつもなんとかフンギリを付けて書き込んでいる。うまく議論に入れるととても嬉しい。常に「何かズレた事を言っているのではないか」と不安になっていたりする。
それでも、ネット上では中々得られない場ではあるので、大切に参加していきたい。

そんな中、英語のコメントが投稿された。いつも投稿している人達の深い議論をじっくり読むものの、英語なので流してしまおうかと思ったのだけれど、いや待てこの機会を逃してなるものかと気分転換。
一旦自分なりに翻訳してみようと思う。


以下、エキサイト翻訳をかけて、Web辞書を使いながら翻訳してみた。
全然わからなかった。

多くの人々の間には、大きな食い違いが生じている。
私達は「この社会における現代の思想・視点・意見」とは反するだろうものを見てきている。
「正義」とは、特別な状況であり、多くの人にとっては一般的ではない。
もしあなたが他の解釈を論ずるとするならば、どうやって「免れない闘争」を正義と関連させるのだろうか?
ポイントとして「正義」は、全ての人達にとって一般的で重要な意味があるということだ。
しかしながら、信念・容認・支持を持続しない人々の戦いは勝つのか、負けるのか。
そこには暴力があり、またはますます社会から遠ざかる人々がいる。
彼等の思想・視点・意見は、間違いを見出されたり、問われたりするのだ。

私達は衝突の道を取るべきではないと思う。
言い換えれば、「戦う」前に私達はそれに変わる方法を発見できるはずだ。
いくつかの闘争要素を議論する前に、私達は異なる事件の経緯の真偽の有無を認めねばならない。
要するに、そこに典型的なサンプルがある。

人々は何が問題を解決する為の方法かを校合し、決定する。
私はそれを「私達の」ルールだとはしたくない。
「ルールはルール」である。それが効果的であろうとなかろうと、結果としてそれは「悲しい出来事」から生まれたものである。
多くの悲しむべき人々がいる。従って、現状に挑戦することは、緊急に優先するものだ。



こうやって訳してみても分からない。情けなくなってくる。
翻訳って凄い仕事なんだなあ、ということだけが分かった。ううむ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

応援中!
検索フォーム
プロフィール

Trasque

Author:Trasque
特に何かの専門家ではありません
「生命力」という言葉が好きです
生きる事を考えたい年頃です

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。