スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともぽんさんと焼肉食い放題

誘われて行きました。秋葉原の「大酋長」という焼肉屋。
2時間で3000円程度。焼肉食べ放題お酒飲み放題。ヒャッハー!!


ともぽんさんはPapermanで知り合って、オフラインイベントなどで度々顔を合わせるうちに、時々メシを誘って頂くようになりまして、こうしてたまにお世話になっております。年は結構はなれているんですが、いつも馴れ馴れしくしてしまってすみません。
色々と活動を伺っている中で、話をしたい事もあったので、焼肉ほおばりつつ、タイマンでの食べ放題は二転三転と様々に注文、じゃなくて話題が飛んだのでありました。

そもそも僕が話をしたかったのは「文化」というモノのちからについてでした。なぜかなれば、それはともぽんさんの活動に「文化のちから」を感じたからであります。ともぽんさん、アンタすげぇっすよ!の一言を伝えておきたいというのが正直なところでございました。

時はさかのぼり、Papermanの公式オフラインイベントが初めて行われた秋葉原UDXでの事。当時、名の通ったクランとして「Lepicier」というものがありました。僕は幸いにもその一員として遊ばせて頂いておりました。UDXの大会に参加できるものと踏んでいた僕達でしたが、公式の発表ではまさかの「落選」で参加すら叶わぬ事となってしまいました
普段対戦させて頂いている強豪達が並ぶなか、見覚えのないクランがそこに告知されていました。そのクランのメンバーの一人こそが、このともぽんさんなのです。
選考は単なる抽選だとは思うので、ガチで怒ってた訳ではないのですが、割と楽しみにしていたクランメンバーはSkypeでブーブー文句を言っておりました。もちろん僕も。それがなぜか「んじゃあ俺らはコスプレして突撃したるで」という謎の矛先を向けて怒りを鎮めるの事となったわけでございますが、それもこれも今となっては良い思い出です。発案のぬるぽちゃんはさすがだと思います。

正直言ってしまいますと、UDXの会場でともぽんさん達を見たときに「なんで俺らじゃないんだよ」みたいな理不尽極まりない文句を僕はたれておりました。とはいえ自分たちなりに全力で(メイド)コスプレしてましたし、恥ずかしくてそれどころじゃなかったので、それは構わないのですが、はじめの印象はそんなところだったのです。

その後、秋葉原のアイカフェというネットカフェで、ユーザー主催のオフラインイベントなど度々ともぽんさんと顔を合わせることとなりました。この方の出席率は凄まじく、ああほんとにPapermanを楽しんでらっしゃるのだなあ、と次第に考えるようになりました。
ともぽんさんは割とガチでコスプレをするんですが、大きな体で女の子キャラのコスプレするもんですから存在感がハンパなく毎度驚いております。それも良い思い出になるもんです。

このともぽんさん、最近人気の東方モノ、の二次創作で「音楽CD」をプロデュースして出しておりました。その事は知っていたのですが、いろいろ話を聞いていると作曲家は17歳のノルウェー人と言うではありませんか。焼肉の席上「そういえばその彼は日本語上手なんですか?」と伺うと、なんと全てのやりとりはお互いGoogle翻訳を使ってやっていたと言うのです。お互い多少の英語はわかるものの、ほとんど母国語だけでやりとりし、音楽CDを作ってしまったという訳です。

PapermanはキャラモノのFPSという事で、あまり注目されませんが、チーム戦として勝ちを目指そうと思うとかなり条件が厳しく、他の軍モノFPSに引けをとらないレベルの戦闘ができます。場合によってはPapermanのプレイヤーの方がFPSとして強いんじゃないかと思ってしまうこともあるほどです。
僕はそういう所にしか魅力をほとんど感じていませんでしたから、オフラインイベントと言っても、ちょっと違う雰囲気で楽しめたり、直接技術的な交換ができるという程度にしか捉えておりませんでした。
しかし、このともぽんさんのパワーは凄いなと思うに至り、それは一体どういうことなんだろうと考えていた訳です。

コスプレだとか、そういうものにもあまり良い印象はありませんでした。
それでも「ともぽんさんがこれだけ楽しんでいるなら」と思ってしまうのです。
そして言語の壁を最初っからとっぱらったかのような音楽CD制作の活動。
これこそ「文化のちから」じゃないかと思うに至った訳です。



俺「ともぽんさん…… いやスゲェっすよ! そうできる事じゃないッスよ!」

と「トラスクさん、でもね……
  向いてる方向が一緒なら、なんとかなっちゃうもんなんですよ!」

俺「おお…… なるほど…… これTwitterだったらRTしまくりッスね!」


そんな話から、ともぽんさんの動きは「それこそ文化だ」と言う話をしたかったとお伝えしました。2時間の中で、古典の話、芸術の話、創作の話、最近の死刑について、教育について…… 色々とお話を致しました。

なかなかこういった話をさせて下さる人はおりません。(ほとんど一方的に話してしまっていたような気がしますが)いつもありがとうございます。こんな風に繋がっていられるとは、はじめ思いも寄りませんでした。

またやりましょう!


ともぽんさんの音楽CDに関しては下記より 是非チェックして下さいませ

http://ameblo.jp/cysmix-fire-rabbit/
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

応援中!
検索フォーム
プロフィール

Trasque

Author:Trasque
特に何かの専門家ではありません
「生命力」という言葉が好きです
生きる事を考えたい年頃です

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。